アメショーブログ 4875『九匹の猫と生きた二十年』113

(11/7)  クーが他界して三週間が経過した頃、女帝モモに少しの変化が現れた。 北側の部屋から一日中出てこなかったモモが、時折閉め切られたリビングのドアの前に佇んで中の一族の様子を眺めるようになったのだ。 ジロは既にモモから容認されていた。 私は試しにタロをモモのエリアに入れてみた。 そもそも玄関前に、ジロとタロ…
コメント:6

続きを読むread more