アメショーブログ 4838『九匹の猫と生きた二十年』76

(10/1)  反してジロは、玄関の外という新しい世界が嬉しくて家に入らない。 尻尾を直角に立てて、いそいそと歩き続けている。 私はジロのお尻を押して、家の中へと押し込んだ。 ジロは毎度、少し残念そうに家の中へと戻ったものだ。 三世帯家族となったクー一族だが、ドン・クーとジロの関わりはそれまでさして無かった。 ジ…
コメント:6

続きを読むread more