アメショーブログ 2758

(6/2)・・・おはようございます。
 猫ブログで恐縮ですが、今日は娘の結婚式です。

 当たり前ですが、猫たちは自立しませんが、人間の子供は巣立っていきます。
 二十六年間、共に過ごした母子の時間が長かったのか短かったのか・・・。

 三年前にクーを亡くし、コドモをひとり失ったような喪失感がありました。
 そして娘の結婚。

 喜びと、一抹の悲しさと、親の責務を終えたという少しの寂しさ・・・。
 複雑な心境ですが、やはり大きな安堵と喜びが心を覆い、清々しい朝を迎えました。

 クー一族も、長年共に過ごした人間のお姉さんの旅立ちを祝ってくれることでしょう。
 決して自立しない猫たちは、今日は朝から晩までお留守番です。

画像



                               ジロ・コジロ




                 


画像



                           ジロが顎乗せなんて初めて







画像



                         父が息子に頼りたい時もあるのだな







画像



                          しかし私は娘には頼らんぞ!(笑)

 
 
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2013年06月02日 09:07
娘さんのご結婚、おめでとうございます!
♪新しい朝が来た 希望の朝が
末永くお幸せに。
2013年06月02日 09:25
おはようございます。
お嬢様、ご結婚おめでとうございます。

お嬢様お幸せに~~

クー一族も心の中でお祝いしてる
でしょうね

ジローお父さんも
たまに息子に甘えたいのでしょうか(笑)
「親の老後たのむにゃ~
今からゴマすっておこないとにゃ~」(笑)
2013年06月02日 13:36
お嬢さん^^
ご結婚おめでとうございます
末永くお幸せにとお祈り致します^^
猫ちゃんたちもお留守番しながらお祝いしていますね(^_-)-☆
親としてはちょっぴり淋しいお気持ちもおありかと思いますが
安堵の気持ちもありますね^^
うちの娘も一昨年結婚しましたが近くにおり良く夫婦揃って
遊びに来たりお出掛けしたり、家族が一人増えたようで賑やかになりましたよ^^
応援です☆
2013年06月02日 20:55
お嬢様、ご結婚おめでとうございます
末永くお幸せに

たしかお嬢さんが小学生のときのプレゼントが クーさんだったように記憶しておりますが・・・。
寂しいでしょうが、一緒に暮らした絆がありますよね。

ジロちゃんはコジロくんに甘えて可愛いですね^^
くー
2013年06月02日 23:00
Gummoさんへ。
ありがとうございます。
ラジオ体操の歌、懐かしいですね~。
希望の朝、いつ聞いても素敵なフレーズですね。
くー
2013年06月02日 23:05
陸&クロさんへ。
ありがとうございます。
子供の巣立ちは喜ばしいことです。
自立しないクー一族はいつまでも我が家のコです。(笑)

クーも晩年はジロに甘えていました。
ジロも同じ道を辿っているのかもしれません。
くー
2013年06月02日 23:10
pekoさんへ。
ありがとうございます。
巣立ち、結婚、繰り返される人間の歴史ですね~。
若者たちの新たな出発は希望の光です。

安堵と寂しさと喜び。
様々な思いの交錯する一日でした。
一人娘なので、新たに息子ができたような心地でおります。
くー
2013年06月02日 23:18
きらら(3にゃんず)さんへ。
ありがとうございます。
人の出会いに血縁も他人も関係ありません。
娘と出会えたことは私の生涯の宝です。

娘の小学六年生の誕生日にクーはやってきました。
覚えていて下さり嬉しいです。
私の猫の概念を変えたクーが他界したのが三年前。
そして今日、娘は巣立っていきました。
共に過ごす空間は変わっても、築いた絆は永遠であること・・・。
人間、動物の区別ない真実ですね。
2013年06月03日 00:29
まあ~娘さんご結婚おめでとうございます。私んちもあと数か月後旅立つ娘がいますけど、出来れば子供に頼らず生きてけたらイイですよね(^^)
2013年06月03日 07:12
お嬢さんの結婚式 おめでとうございます 
結婚式前の花嫁の親御さんは 娘さんの旅立ちの感慨にひたる暇も無いくらい 準備に追われて大忙しだったことでしょうね
お嬢さんの新しい生活が 幸せに満ち溢れた生活になりますように。
くー
2013年06月03日 10:51
アラレさんへ。
ありがとうございます。
ご訪問頂き嬉しいです。
人として生まれ育ち、子供を授かり共に生きていく・・・。
繰り返される人間の歴史ですが、実に幸せなことですね。
くー
2013年06月03日 10:56
丸みさんへ。
ありがとうございます。
結婚式前までの一ヶ月は瞬く間に過ぎていきました。
式当日もその延長で、慌ただしさの中、感慨に浸る時間もなく気付いたら終宴となっていました。(笑)
娘の新生活へ温かなコメントをありがとうございます。
2013年06月03日 23:16
お嬢さんのご結婚、おめでとうございます!
昔と違って嫁に行ったらよその人間、というほどではありませんが、やっぱり寂しいですよね。うちの母も十数年前、同じようなことを言っていました。 が、いざ結婚してみたら相方のことを「味方が一人増えて頼もしい」と言っています。

お嬢さんにとっては半生に近い時を共に過ごしたクーちゃんも虹の橋から見守ってくれていたでしょうね。
くー
2013年06月03日 23:49
兼業主婦さんへ。
ありがとうございます。
「味方が一人増えた・・・」
↑よくわかります。
というより、私は新たに息子ができた、という感じでしょうか。
生涯心に残る嬉しいイベントでした。

娘はクーが他界してから、毎晩就寝前にクーの骨壺と遺影に「おやすみ」を言っていたそうです。
クーはこれからも娘を見守っていてくれることでしょう。

この記事へのトラックバック