アメショーブログ 2207

(8/13)・・・おはようございます。
 ハナの生検の結果が出ました。

 膵臓はぎりぎりのところで正常でした。
 炎症はなく、ハナの黄疸はやはり肝臓が原因のようです。

 更なる検査、回復手術、いろいろ選択肢はあります。
 退院して四日、家での内服のみで、ハナの黄疸の数値は劇的に下がりました。

 入院中、静脈点滴を受け黄疸の数値は下がりましたが、それを上回る下がりようです。
 やはり、女帝の血は強かった!

 旺盛な食欲も変化なく、もりもりと食べています。
 このまま内服で二週間様子を見ることになりました。

 決して楽観視はできません。
 しかし、理屈を越えた回復力、生命力に期待し、家で一族の中でのんびりと過ごさせてやりたいと思います。

 信頼できる獣医師さんがいるということは、本当に心強いことです。
 ハナはもちろん、コジロもチビタ、ハルもお世話になっています。

 これからも担当の先生と密に話し合いながら、ハナの生活を守っていきたいと思います。

 さて、退院してから数日間、ハルがハナの側から離れません。
 子猫時代以来、ずっと疎遠でいた姉妹です。

 亡きクーが退院した直後にジロがいつも寄り添っていたのと同様、ハルがハナに寄り添っています。
 ハルお得意のお手手つなぎが毎日見られます。

 クー一族の絆に今さらながらに驚愕しました。
 猫は本当に奥が深く、愛情に満ち溢れた動物だと改めて感じました。

 入院直後から、ハナに温かなメッセージと気持玉を頂き、本当にありがとうございました。

画像



                               ハナ・ハル







画像



                         無愛想ハナらしいリアクション







画像



                        乏しい表現ながらに喜んでいる

                              次回へ続く
 

電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

この記事へのコメント

2012年08月13日 09:28
おはようございます。
ハナちゃん良かったね、きっと
母親の血をひいて生命力は強いですね
まずは一安心しました・・(^0_0^)
ハルちゃんとハナちゃんの写真見てると
やはり血引いた姉妹愛でハナちゃんのこと
心から心配してますね、心打たれます
2012年08月13日 10:06
陸&クロさんへ。
こんにちは。
ありがとうございます。
女帝・モモの強靭さのおかげです。(笑)
一カ月前、ハルとハナが子猫時代以来初めて寄り添いました。
当時から、ハルはハナの異変に気付いて心配していたのかもしれません。
猫は本当に愛情深い動物ですね。
2012年08月13日 13:34
家にいて、いつもと同じ家族に囲まれて、
それがハナちゃんには一番の薬なのかもしれませんね。
前に飼っていた猫もこうして二度三度と肝臓の数値がよくなりました。
ハルちゃん、小さな看護師さんみたい~
ハルちゃん、ハナちゃんの脈はどうですか~?(*^_^*)
2012年08月13日 16:51
ハナちゃん、ひとまずよかったですね!
このまま完治して元気になってもらいたいです。
2012年08月13日 19:23
ハナちゃん 頑張っていますね!
女帝モモちゃんの血を引いて心強くかんじます。
ハルちゃん健気ですね!
本当に優しいにゃんこさんです。
みなさんに人気があるのが分かりますね^^
ハナちゃんどうぞお大事に。
2012年08月13日 23:20
ノアさんへ。
二度三度と肝臓の数値がよくなる・・・。
↑心強いお話をありがとうございます。
ハナも三度、四度と数値が良くなって欲しいです。
何せ女帝の娘ですから!(笑)
今さらながら、旺盛な食欲には驚いています。
なるほど~。
ハルの手はいかにも脈をとっているようですね。(笑)
2012年08月13日 23:21
かみたりなさんへ。
ありがとうございます。
旺盛な食欲だけが頼りです。(笑)
少しでも快方に向かって欲しいです。
2012年08月13日 23:26
きらら(3にゃんず)さんへ。
ありがとうございます。
女帝はだてに強くはなかったようです。(笑)
迫力は生命力の証しです。
ハルのお手手つなぎ、ハナとは生まれて初めてです。
最近やたらと一緒にいるようになりました。
ハナにエールを送っているのでしょう。

この記事へのトラックバック