アメショーブログ 1453

(7/31)・・・ハムスターが死んでから一年後。
 子供が、誕生日のプレゼントに猫が欲しいと言いました。

 私は最初のうちは了解しませんでした。
 しかし、家人の言い分は執拗でした。

 「あれだけ欲しがっているのだから飼ってやろう」
 毎日の用に私に言います。

 しかし、私には分かっていました。
 家人は子供にかこつけて、実は自分が欲しいのだと・・・。

 ハムスターが死んでから、家人は少し寂し気でした。
 愛情を注いでいた対象がいなくなってしまったのですから無理もありません。

 人間は、愛が欲しい生き物です。
 同時に、愛を与えたい生き物だと思います。

 内部から湧き出てくる愛情を注ぐ対象は必要不可欠です。
 伴侶、子供、恋人、友人、ペット・・・。

 対象はそれぞれですが、湧き出る愛情を何かに注ぐことで、人間は安定した精神状態を保てるのだと思います。
 私は猫を飼うことを了解しました。

 誕生日の少し前の日曜日。
 嬉々としてペットショップに連れだって出かけた家人と子供。

 私は私用で外出していました。
 すると、夕方私の携帯が鳴りました。

 「早く帰っておいでよ、すごく可愛いよ!」
 嬉しそうに報告する子供の声。

 猫を飼う事を不承不承に了解した私ですが、何故か走って帰宅しました。
 そしてリビングでクーとの初対面です。

 「可愛い~!」
 私の第一声です。

 衝撃的とも言える出会いでした。
 言ってみれば一目惚れです。

 生後三カ月のクーは、部屋中をぴょんぴょん飛び跳ねていました。
 あれだけ猫を飼うことを拒否していた自分です。

 しかし、その瞬間から私は豹変してしまいました。
 家人も子供も呆れるほどに・・・。

 猫という生き物は、実に不思議な魔力を持っています。(笑)
 sleepypodスリーピーポッド


画像



                         ウミ 「ゴロニャンポーズウルトラC」







画像



                                 チビタ







画像



                            大事そうに足を持って



電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

この記事へのコメント

2011年07月31日 12:48
こんにちは。
ウミちゃんの「ゴロニャーンポーズ」本当ウルトラCですね・(^^♪
チビタちゃん足を持ってるポーズかわいい~~よ
2011年07月31日 13:45
ホント、猫の魔力って不思議です。
自分も猫ママからの誘いをずっと拒否し続けてきてました。
犬に対してのちょったした恐怖的なトラウマがあったのです。
でも説得に負けて半ば強引にわが家に猫がやって来ました。
それが今は亡きチョビなんですよ。
それからは猫ママ以上にチョビに入り込んでしまい今でもうちでは「猫きち」と呼ばれてます。
くーちゃんとの出会い、運命ですね(^^)
※注:ここで言う「猫きち」はいつもの猫吉とは少し違って、
「猫きちがい」の意味でごさいますm(._.)m…。はい。
これからも「猫きち」な猫吉でいこうと思いますが、お付き合いくださいσ(^_^;)
自分の事ばかりでした…(( _ _ ))..
2011年07月31日 14:20
家人さんの次はお子様ですね。
そして猫にすっかりはまってしまったくーさんの出来上がりですね(*^_^*)
2011年07月31日 20:58
くーさんは、一変でクーさんに恋に落ちたのですね^^
生後3ヶ月のクーさんのお写真は載せてありましたよね!
大人っぽい顔立ちに見えました。
やはり、生まれながらの長だったのでしょうかね・・・。

ウミちゃんは本当に体が柔らかいですね!
うちの小柄なラッキーでもできません^^;
2011年07月31日 23:34
 こんばんは~(^ー^♪

人間は、愛が欲しい生き物です。
 同時に、愛を与えたい生き物だと思います。
  ↑
そうだなぁ~ その通りだなぁ~ と思いました
受け取るだけでなく、与えたいとも思いますよね^^
愛情を注げる相手がいるのは、気持ちが安らぎますよね
ネコちゃんには、ほんと不思議な魅力がありますよね♪


2011年08月01日 00:38
>陸&クロさんへ。
 ウミのウルトラCはだれも真似できません。
 軟体動物・ウミならではです。(笑)
 チビタは意味不明の足持ちです。
2011年08月01日 00:43
>猫吉さんへ。
 チョピちゃんとの出会いも運命的なものだったのですね。
 ビビビときましたか?(笑)
 本当に猫は神秘的です。
 「猫吉」さんというニックネームの由来、よ~くわかりました。
 これからもそのまま突き進んで下さい。
 こちらこそどうぞ宜しくお願します。
2011年08月01日 00:43
>ノアさんへ。
 出来上がりました。(笑)
 はまりきって抜けられません。
2011年08月01日 00:49
>きらら(3にゃんず)さんへ。
 一目惚れです。
 ビビビときました。(笑)
 我が家に来た時のクーは、本当に凛々しいコでした。
 あんなおっさんになってしまいましたが。(笑)
 ウミは、またの名を「軟体動物」。
 ラッキーくんのゴロニャンポーズはとても可愛いです。
 ねじれる必要全くなしです。
2011年08月01日 00:52
>明美歌さんへ。
 こんばんは。
 ありがとうございます。
 素敵なラブソングを作ってらっしゃる明美歌さん。
 どうぞこれからも、「愛」を奏で続けて下さい。
 猫の魅力は魔力ですね。(笑)
2011年08月01日 23:21
幼き日のクーちゃん、くーさんを人目で虜にする魅力があったのですね。子猫の魔力は、本当に抗いがたいものがありますよね。
前の記事になりますが、チビタ君の「にゃーん」という可愛い声、うちのこもももあずきを挑発するときに出します。獣医さんによると、猫たちは声が高いほうが挑発の度合いが強いのだそうです。人間からすると可愛いような声が猫にとってはどすの利いた声ということになるみたいです。
2011年08月02日 10:51
>兼業主婦さんへ。
 「甲高い声がどすの利いた声」・・・。
 初めて知りました。
 納得です。
 こももちゃんもあずきちゃんにそんなお誘い?をするのですか?(笑)
 ふたりはとても仲良しですよね。
 どんな気分の時にそんな声を出すのでしょう??
 猫関係は実に不思議、かつ奥が深いものです。
 
2011年08月02日 23:22
クーくんのおこちゃま時代の写真も機会があったらアップして下さいね!
2011年08月03日 00:46
>team sakuraさんへ。
 アメショーブログ 1435に生後三カ月のクーの写真を掲載しています。
 お暇な時にご覧になってみて下さい。
 残念ながら、クーの子猫時代の写真はそれだけです。

この記事へのトラックバック