アメショーブログ 681

(6/19)・・・モモとチビタの折り合いが良くないので、普段はリビングのドアを閉めて接触をさせないようにしている話は何度か記載しています。

 しかし、ハプニングがありました。
 夜中にリビングに入ってきた家人が、間違えて(長年暮らしていて飼い猫を間違えるとは・・・!)ジロとタロをリビングに入れ、代わりにチビタとウミを廊下に出してドアを閉めたのです。

 朝、ニャンコがわいわい騒ぐ声で目覚めました。
 見ると、ジロとタロがリビングのドアを引っ掻きながら鳴いているのです。
「ここを開けろ」、「ボクたちはあっちにいるはずなのに」とばかりに大騒ぎ。

 廊下にはモモ、そして微妙な距離にチビタ。
 ウミはモモを避けて?洗面所に寝ていました。

 モモとチビタが一晩同じ空間にいたのです。
 しかし、ことさら喧嘩をした風もなく、(もっとも、たとえ喧嘩をしていても爆睡中の私は決して起きませんが)朝を迎えました。

 それ以来、リビングのドアを開放しています。
 少しの緊張感を漂わせながら、モモとチビタが共存するようになりました。

 2ニャンが、互いに少しだけ寛容を覚えたのでしょうか。
 これを機に、数年ぶりに平和な一族が蘇るかな。
 キャティースクラッチガーデン ハイタワールーム







画像



                                  モモ









画像



                                  チビタ









画像



                              この距離で共存









画像



                              近年まれにみる光景









画像



                  向こう側のタロがお目付け役か? タロもたまには役に立つ


          
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

この記事へのコメント

2010年06月19日 12:17
みんな同じ毛皮を着ているんだもん 家族でも 間違えちゃうことも在るよね。
怪我の功名って事で みんなが 平和に共存できそうで よかったですね。
2010年06月19日 15:23
思いがけないハプニングがあったけど、その事で
モモちゃん、チビタちゃんの関係が変わっていく
のかもしれませんね。今後に期待しましょう!
2010年06月19日 22:56
>丸みさんへ。
 怪我の功名・・・、是非ともそうなることを願っています。
 一番頑なに仲良くない2ニャンだから、一旦よくなると最強コンビになるかな??
 コメント、どうもありがとう!
2010年06月19日 22:59
>ハリーママさんへ。
 ホント、今後に大きな期待です。(笑)
 べったり仲良しでなくてもいいから、意識過剰にならずに普通に共存したらいいのに・・・。(苦笑)
 コメント、どうもありがとう!

この記事へのトラックバック