アメショーブログ 1356

(6/7)・・・おはようございます。

 ここ数年間、私は一、二か月に一度のペースで結膜炎になっています。
 抗菌目薬は必需品となりました。

 原因は・・・。
 ウミです。

 夜中、ひとりだけ眠れないコが必ずいます。
 ジロ・タロ・ハルたちが起きている場合は勝手にじぶんの時間を費やしているのですが、ウミの場合はひとりで過ごすことがなかなかできないようです。

 かまってくれる相手探すのですが、一族が熟睡中の場合は私で手を打ちます。
 当然私も熟睡中なのですが、ウミはしきりに私の目を舐めます。

 「この目を開けろ」というウミの合図なのです。
 地震が起きても爆睡している私は、そんなことくらいではびくともしません。

 ウミは舐めたい放題だったのでしょう。
 朝目覚めると、私の瞼は赤く腫れています。 

 パソコンの作業中に、たまにウミが膝の上で寛ぐ時があります。
 キーボードを叩く私の指を甘噛みします。

 「この手で撫でろ」というウミの合図です。 
 チビタの母であり、ジロ・タロ・ハル・ハナの第二の母であるウミですが、いくつになっても甘ったれです。
 
 スポーツペットキャットトンネル スパイラル


画像



                                ジロ・タロ







画像



                              タロの至福の時







画像



                                 ウミ







画像



                                 ハル







画像



                   超天真爛漫ハルとのだんごはウミには少し物足りない



 



画像



                                  チビタ







画像



                         ハルとは別れてチビタに寄り添うウミ







画像



                              「起きろ」と舐める


                  眠いチビタは「もういいよ」といった風に軽く抵抗する すると・・・







画像



                               一瞬の緊張








画像



                       しかしチビタの抵抗はここまで 母は強し







画像



                                チビタの腹
 

"アメショーブログ 1356" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント