アメショーブログ 431

(2/18)・・・たくさんニャンコがいると、つい目こぼししてしまうコもいます。
 自己顕示欲の強いコ、甘え上手なコ、図体の大きいコ、いたずら好きなコ、抱っこが大好きなコ・・・。
 いずれかの項目かに入っているコはわりと視野に入り、かまう頻度も高いのですが・・・。

 普段北側の部屋で勝手に過ごしているモモはおいておくとして、ハナはどの項目にも入りません。
 したがって、気付くと丸一日ろくに顔も見ていなかった・・・、などということがたまにあります。

 パソコンに向かう時、テレビをみている時、布団に入る時・・・、いつも私の周りにまとわりついているのはハルとウミとジロと、たまにタロです。

 ジロはわざわざ目の前にやってきて「ゴロニャンポーズ」をするのでおのずと構うことになりますし、ハルはいつでも「アタシを見て」のコですし、ウミはほぼ一日中泣き続け、何かを訴えているコです。

 昨夜、布団に入ったら珍しくハナがそそくさと私の側にやってきました。
 私は、その時がその日初めてのハナとの接触だったことを同時に認識しました。
 「ハナちゃん、久しぶりだねー」 私はハナを撫でて布団の中に入れました。
 九匹の中で、喉を「ゴロゴロゴロゴロ」鳴らす音はだれよりも大きなハナ。
 無愛想で、甘え下手で、やもすると一日中ひとりで寝て過ごしているハナです。

 そんなハナも、最近少しずつじぶんから甘えにくるようになりました。
 他のコに寄りそうこともほとんどなかったのですが、たまにハルやコジロと寝ている姿も見かけます。


 さて、私の布団で丸くなったハナ・・・。
 すかさずハルもやってきました。

 いつもハナは私の側にハルやウミがいない、ほんの一瞬の間にやってきます。
 一方いそいそやってきたハルは、ハナをおしのけるわけでもなく、私とハナ間に強引に入ってきたわけでもありません。
 いつものように自然に近寄ってきただけなのです。
 しかしハナはあっさり身を引きました。

 それぞれの性格と言えばそれまでですが、そんなハナがすこしだけ不憫に思えました。

 亡きクーも甘えないコでした。たまに気が向くと膝の上に乗ってきたものですが、一定の時間そうしているとそれで満足なのかあっさりとじぶんの寝床にいってしまうコでした。

 シルバーの毛並みはもちろん、そんな性格までハナはしっかりクーに似ています。
 クーが亡くなって以来、ハルもウミも明らかにクーの姿を探しています。

 ふたりの様なそんな目立った動きはありませんが、きっとハナも父親のクーを追い求めているのかもしれません。
 ハルもハナもウミも、そしてもちろんモモもクーのことが大好きでしたから。
 マイペットメモリー・・・愛犬・愛猫の肉球を再現






画像



                                  ハナ









画像



                                毛並みも・・・









画像



                      横顔もクーそっくり アメショーブログ427参照









画像



                 クーがもぎとったじゃらしの頭で・・・遊ぶ時はだれよりもカゲキ



           

 

"アメショーブログ 431" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント