アメショーブログ 4857『九匹の猫と生きた二十年』95

(10/20)  クーとチビタ、コジロの関係は淡泊だった。 元来来るものは拒まず、という姿勢のクーである。 積極的に寄り添う相手を、クーは受け入れてきた。 甘ったれのウミや、自己顕示の強いハルが良い例だ。 女帝モモは、仔猫時代こそクーに甘えて戯れたものだが、母親になって子離れして以降はもっぱら単独の生活である。 …
コメント:6

続きを読むread more