アメショーブログ 4858『九匹の猫と生きた二十年』96

(10/21)

 片やチビタの興味は、終始モモへと向けられていた。
挑発なのか好意なのかは分からなかったが、チビタのモモへの情熱は消えることはなかった。

チビタとモモの挑発と威嚇の応戦は、チビタの晩年まで続くことになる。
反してクーとチビタの関係は、実に淡泊だった。

喧嘩もなく、寄り添いもない。
両者の間には、ほとんど会話さえなかったのだろう。

チビタが寄り添う相手は母のウミと、たまにハルだった。
ウミとハルは、甘え上手、フレンドリーという面では似ていたのかもしれない。

後年チビタとジロ父子のツーショットが見られるが、これとてジロの優しさのおかげかもしれない。

一族の女の子たちに圧倒的な存在と人気を誇ったクーだが、ジロ以外の男の子たちと関わることはほとんどなかったのだ。

クーを中心として、両輪のモモとウミが一族を束ね、潤滑油となっていたのだろう。

186.jpg

030_20101011203428.jpg

075_20101011203032.jpg


電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年10月21日 09:07
おはようございますo(*^▽^*)o~♪
クー一族はクーちゃん、モモちゃん、ウミちゃんで
しっかり守られていたんですね。
ウミちゃんはとっても優しい子でしたでしょ。
くーさんのために頑張ってくれた子ですから。
本当にくーさんともっと早くにお会いしたかったです。
みんなが元気なときの生の姿を見られなかったのが残念でたまりません。
2019年10月21日 09:28
こんにちは。

チビタちゃんはモモちゃんが好きなんですね。
くー
2019年10月21日 11:40
みるくっちさんへ。
ありがとうございます。
クーとモモとウミを中心に一族は成り立っていました。
ウミの優しさには助けられました。
私も生きている時のポンちゃんに会いたかったです。)^o^(
くー
2019年10月21日 11:42
トトパパさんへ。
ありがとうございます。
多分チビタはモモが好きだったのでしょう。
チビタとモモの関係は不思議でした。)^o^(