アメショーブログ 4856『九匹の猫と生きた二十年』94

(10/19)

 右腕の痛みと腫れはひかず、私は翌日病院へ行った。
念のために破傷風の注射をしてもらって帰宅した。

腕はその後腫れも痛みもなくなり、数日後には回復した。
クーは私にとって特別な猫だった。

猫を飼う事を最後まで反対していた私が、一目惚れしたクーである。
一族が九匹となっても、クーの存在は私にとって別格だったのだ。

モモと喧嘩するクーを阻止しようとした結果、私は怪我を負った。
しかし、クーの行動には必ず原因があったはずなのだ。

モモに襲い掛かったことも・・・。
クーの動きを私が阻止したため、彼は咄嗟に噛みついたのだろう。

二匹の喧嘩に私が介入したことが間違いなのだと痛感した。
その後数週間、クーは意気消沈していた。

可哀そうなほど落ち込んで、食欲もなかった。
その後のクーとモモの関係は、まるで何もなかったように穏やかだった。

ただこの後、一度だけクーがコジロに襲い掛かったこともあった。
本来のクーにはあり得ない行動だった。

腎臓を患い、長い投薬と療法食生活の中、クーの心身には何かが起きていたのかもしれない。

猫社会で起きることには必ず意味がある。
たとえ人間に理由が分からなくても、彼らの中での必然なのだろう。
人間の理屈や介入は不要だと、改めて強く思った一件だった。

028_20101015000421.jpg
             ウミとチビタ

033_20101015000525.jpg

013_20101014235353.jpg

025_20101015000452.jpg
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年10月19日 08:06
おはようございますo(*^▽^*)o~♪
ホントその通りだと思います。
猫社会に人間の口出しはNG
かえって揉める原因にもなりかねません。
クーちゃんの傷心よくわかります。
ボンもそうでしたから。
ホント可哀想なくらい。
でも今はそれも大切な思い出ですよね。
2019年10月19日 08:33
こんにちは。

ひどい怪我をされたんですね。
大変でしたね。
くー
2019年10月19日 10:31
みるくっちさんへ。
ありがとうございます。
クーは心身不調の中で過ごしていたのでしょう。
クーとモモの喧嘩も理由があったのだと思います。
今となれば全て懐かしい思い出です。)^o^(
くー
2019年10月19日 10:37
トトパパさんへ。
ありがとうございます。
最初で最後の怪我でした。
これもクーと私の懐かしい思い出です。)^o^(