アメショーブログ 4851『九匹の猫と生きた二十年』89

(10/14)

 コジロの顎に、小さなできものを認めたのも二〇〇八年・十月のことだった。
獣医師に診察してもらったところ、アポクリン腺のう胞とのことだった。

感染もせず、健康にも影響はないとのことで経過観察となった。
年月の経過と共に、コジロののう胞は顎の数か所に広がったが、動物病院外来にてのう胞内の水分を注射器で抜き取り、継続して経過観察となった。

 クーの容態が急変したのは、二〇〇八年・十二月初旬だった。
後ろ足がよろめき、満足に歩くこともできずにクーは一日中うずくまっていた。

動物病院を受信したところ、腎臓の数値を表すクレアチニンが急激に悪化したと分かった。
腎不全の一歩手前だった。

直ちに入院して、クレアチニン数値を下げる静脈点滴治療を開始した。
入院治療は五日間ほど要したが、クレアチニン数値が回復したので退院して経口投薬に切り替えた。

019_20101019222826.jpg

020_20101019222759.jpg

005_20101018230009.jpg
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年10月14日 08:11
おはようございますo(*^▽^*)o~♪
え~コジロちゃんにクーちゃん立て続けなんですか?
心臓がドキドキしています。
9匹も居たら立て続けはありますね~
くーさん楽しいこともが沢山あったけど
こういう時も沢山あったんでしょうね。
2019年10月14日 10:21
こんにちは。

クーちゃん、肝不全の一歩手前だったんですか。。。
くー
2019年10月14日 11:04
みるくっちさんへ。
ありがとうございます。
ハナ、ハル、モモの後はコジロとクーでした。
後半十年は病気との闘いでした。
生きていればこその思い出です。)^o^(
くー
2019年10月14日 11:05
トトパパさんへ。
ありがとうございます。
クーは恐れていた腎臓を患ってしまいました。
今は懐かしい思い出です。)^o^(
きらら
2019年10月14日 12:47
コジロくんののう胞のことは サイドバーにも書いてあったので、よく覚えてます。
一時小さくなったのは、お水を抜いていたのですね。
この頃クーさんの腎臓が悪くなったのですね…。猫ちゃんに多い病気ですよね。
現在 エルがお薬飲んでます。
くー
2019年10月14日 22:35
きららさんへ。
ありがとうございます。
コジロののう胞は水を抜いて経過観察となりました。
クーは腎臓を患い入院となりました。
病気続きでしたが、生きていればこその思い出です。)^o^(

エルくん、大事にして下さいね。
元気で過ごせますよう祈っています。