アメショーブログ 4822『九匹の猫と生きた二十年』60

(9/15)

 私は、カウンターに置かれた生まれたばかりのモモのことを思い出していた。
その姿に、先刻置いてきた仔猫が重なる。

カウンターに並んだモモともう一匹の姉妹を前に、同伴した彼女はもう一匹の方を選んだ。
しかし私はモモを指名して、我が家に連れて来たのだ。

 私は運ばれてきたコーヒーを一口啜った。
味など何も分からなかった。

電車の中で青い空を見て悲しみが込み上げた時と、何も変わらない。
気を紛らわそうと思う事自体が間違いだった。
私は、仔猫に対して理不尽なことをしたのだから。

「大丈夫だよ。仔猫はきっと良い人に可愛がってもらえるよ」
彼女の言葉は、私の涙腺を破壊した。

流れ出る涙はどうにも止まらない。
「あの子だけこんな目に合せてしまった。申し訳ない」

私の心の中にあるものはそれだけだった。
涙もろい彼女も、一緒に泣いた。

092.jpg

118.jpg

090.jpg
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月15日 08:41
おはようございますo(*^▽^*)o~♪
くーさんはホント悔やんでいたんでしょうね。
読んでいて涙が出ます。
この胡に幸せになって欲しい
でもなんとかしてこの胡に幸せをあたえたい
どう考えながらこの別れを忍んでいたのでしょうね。

2019年09月15日 08:43
こんにちは。

今も幸せに暮らしてるんでしょうかね。
きっと素晴らしいご家庭に迎えられているでしょうね。
2019年09月15日 10:42
おはようございます
モモちゃんの姉妹もきっと
幸せに暮らしてるでしょうね。
きらら
2019年09月15日 11:08
くーさんの仔猫ちゃんへの深い愛情を感じます。

コジロくん、チビタちゃん、ハナちゃん、みんな可愛いにゃ)^o^(
くー
2019年09月15日 11:29
みるくっちさんへ。
ありがとうございます。
仔猫を置いてきた後から申し訳なさでいっぱいになりました。
済んだことだと割れきれずにいました。
他店に移される時間にも迫られ、本当に考えました。
自分の過保護、盲目を思い知りました。)^o^(
くー
2019年09月15日 11:31
トトパパさんへ。
ありがとうございます。
仔猫は幸せだったと思います。
2年前に他界しました。
この仔猫だけは私とこんなエピソードがありました。)^o^(
くー
2019年09月15日 11:33
陸&クロさんへ。
ありがとうございます。
モモの姉妹も誰かの家に迎えられたのでしょう。
兄弟姉妹がバラバラになるのは悲しいことです。
クー一族はみんな一緒で良かったと思います。)^o^(
くー
2019年09月15日 11:38
きららさんへ。
ありがとうございます。
我が家で生まれた仔猫たちです。
手放すことは本当に悲しいものでした。
兄弟姉妹、親子を一緒に過ごさせたいという思いだけがありました。
写真全てが正解、全員を覚えていて下さり感謝です。)^o^(