アメショーブログ 4826『九匹の猫と生きた二十年』64

(9/19)

 私の中の思いは、受話器の向こうの女性に伝わったのだろうか。
女性はしばらくお待ちくださいと言って、受話器を保留にした。

恐らくオーナーと相談したのだろう。
私は祈る思いで携帯を握っていた。

オーナーが了承すれば、仔猫は我が家に戻る。
ぎりぎりになっての強引な要望だ。

私には、二年前に四匹の仔猫の譲渡を白紙に戻した過去がある。
そしてまた、今回強引な引き取りを希望した。

私は自身の非礼は十分に理解していた。
何度も謝罪したのはもちろんのこと、批判を受けることも覚悟の上だった。

それでも仔猫がウミの元で、一族と共に生涯を過ごすことができるのなら、私は批判を喜んで受けるつもりだった。

 数分の後に電話に戻った女性は、了解すると答えた。
「ありがとうございます」
私は携帯を切り、改札を駆け抜けた。

053_20100929230716.jpg
              メタボチビタ

052_20100929230801.jpg

064_20100929230643.jpg
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月19日 08:10
お早うございます
間に合って良かったですね
これでウミちゃんも
戻りてきて嬉しかったでしょうね
きっとママさんの決死の願いが神さま
救ったのでしょね。
2019年09月19日 08:15
おはようございますo(*^▽^*)o~♪
くーさんの気持がペットショップの方に届いたんだと思いますよ。
私にだって必死に取り戻そうとしたくーさんの気持が
伝わるくらいだもん。
でもよかったですね。
これからのクー一族の物語がとても楽しみです。
今回のこと本当にお疲れ様でした。
2019年09月19日 08:49
こんにちは。

良かったですね!
これで悔いはありませんね。
くー
2019年09月19日 11:45
陸&クロさんへ。
ありがとうございます。
嵐のような一日でした。
ペットショップへ連れていく前に考え直せば良かったです。
クー一族の歴史の中で、心に残る出来事の一つです。)^o^(
くー
2019年09月19日 11:51
みるくっちさんへ。
ありがとうございます。
当日夜六時と期限をきられたことで、踏ん切りがつきました。
非常識でしたが、決行して良かったです。
懐かしく、少しだけ苦い思い出です。)^o^(
きらら
2019年09月19日 11:52
間に合って本当に良かったです!
みんなで暮らせて幸せですね)^o^(
くー
2019年09月19日 11:53
トトパパさんへ。
ありがとうございます。
悔いはありません!
これで、九匹のクー一族となりました。)^o^(
くー
2019年09月19日 11:58
きららさんへ。
ありがとうございます。
間に合いました!
今しかない、という事実に全ての躊躇を捨てることができました。
一族揃っての生活の始まりです。)^o^(