アメショーブログ 4815『九匹の猫と生きた二十年』53

(9/8)

 ウミの仔猫をペットショップに譲渡する日の朝を迎えた。
モモの残された仔猫の行き先は決まらないままだった。

前日の電話で白紙となって、私には成す術がなかった。
もはや友人、知人の中で里親を探すことはできないと分かっていた。

残された一匹は我が家の子として育てることを、私は考え始めていた。
それしか方法が見つからなかったのだ。

既に七匹となっているクー一族である。
これ以上は許容範囲を越えていると分かりながらも、仔猫の生きる道はそれしかないと考えていた。

 しかしウミの仔猫はペットショップへ連れていかなければならない。
既に商談は成立しているのだ。
そうは思いながら、私の心は晴れなかった。

017_20100827113805.jpg
               チビタの十八番

121.jpg

015_20100827113737.jpg
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月08日 09:12
おはようございますo(*^▽^*)o~♪
ウミちゃんの子供もう商談決まっていたんですね。
でも手元に残されたのは。。。
7匹も9匹も変わりないくーさんがきっとそう決断されたのかなと思っています。
前の子達の時もそうでしたよね~
それが分るまではヤッパ((o(б_б;)o))ドキドキします。
2019年09月08日 09:59
こんにちは。

別れは寂しいですね。
いい里親さんに買ってもらえたんでしょうか。
2019年09月08日 10:26
お早うございます
ウミちゃんの子ねこちゃb
チビタちゃんですか
すごい9人みなそろって
楽しい家族拝見させていただきました。
くー
2019年09月08日 11:57
みるくっちさんへ。
ありがとうございます。
ウミの子どものペットショップ行きは決まっていました。
思い出しても、苦笑いの展開です。
この二十年間、本当に様々なことがありました。
全て懐かしい思い出です。)^o^(
くー
2019年09月08日 11:59
トトパパさんへ。
ありがとうございます。
別れは寂しいです。
ランボーで経験しました。
クー一族との暮らしは、ドラマの連続でした。)^o^(
くー
2019年09月08日 12:02
陸&クロさんへ。
ありがとうございます。
ウミとチビタ、体格は正反対です。
性格は似たもの親子で臆病でした。
九匹となったクー一族との生活は、たくさんの涙と笑いでした。)^o^(
きらら
2019年09月08日 16:13
ペットショップへ仔猫を連れて行くときは 足取りは重かったでしょうね…。

くーさんの思いとは逆に チビタちゃんのんびりしてますね〜)^o^(
やっぱり可愛い( ◠‿◠ )
くー
2019年09月08日 22:19
きららさんへ。
ありがとうございます。
かつてクーとモモを買いに行ったペットショップです。
譲渡のために出向くことは初めてでした。
心も足も重いものでした。
チビタと私には、忘れられない思い出があります。)^o^(