アメショーブログ 4796『九匹の猫と生きた二十年』34

(8/20)

 朝ごはんが済んで二時間ほど経過すると、誰かがおやつをねだる。
その声がきっかけで、また一族の大合唱が始まる。

おやつタイムは、リビング中央に新聞紙を敷いてカリカリを並べるのが習慣となった。

新聞紙を広げ始めると大合唱はピークに達して、六匹が尻尾を立てて新聞紙の前に集まるのだ。

北側の部屋で隔離生活をしているモモも、みんなの声でおやつと分かり、気付くと締め切ったリビングのドアの前に座っている。

みんなの中に混じることを拒否するモモだけは、リビング隅の棚の上におやつを置いて食べさせるのだ。

101.jpg


117.jpg


112.jpg

116.jpg
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

この記事へのコメント

2019年08月20日 08:09
おはようございますo(*^▽^*)o~♪
みんな集まって円形プレーが出来るのはおやつの時間だったんですね。
でもモモちゃんだけは。。。
いったいモモちゃんに何があったのか子離れのためだけじゃないような気がします。
でもくーさんや家族の皆さまはいつも通りに接していらしてるみたいだったし
愛情が他に行ったような気がしたのかしら?
2019年08月20日 16:29
こんにちは。

おやつほしいの合唱ですか。
みんなに言われたらあげないわけにはいきませんね。
くー
2019年08月20日 19:08
みるくっちさんへ。
ありがとうございます。
一族が丸く集うのはおやつタイムです。
モモの突然の子離れと変貌は未だに謎です。
二十年間のクー一族の歴史には、様々なドラマがありました。
今は全て懐かしい思い出です。)^o^(
くー
2019年08月20日 19:10
トトパパさんへ。
ありがとうございます。
おやつ欲しい合唱です。
ごはんが済んで、じきに大合唱が始まります。)^o^(
きらら
2019年08月20日 22:42
おやつのときは大合唱だったのですね( ◠‿◠ )賑やかだったことでしょうね♫
ラッキーは鳴かないので(^-^;
モモちゃんは棚の上でしたか^o^このころから女帝ですね〜。
くー
2019年08月20日 22:59
きららさんへ。
ありがとうございます。
毎度大合唱でした。
ラッキーくんは声を出さないのですか。
コジロも泣かない子で、病院での最後の別れの時に一声泣きました。
モモはこの頃から棚の上の女帝てした。)^o^(