アメショーブログ 4764『九匹の猫と生きた二十年』2

(7/19)

 私たちは運ばれたコーヒーもそこそこに店を出た。
「可愛いらしいよ。一緒に見に行こう」

私は友人を強引に誘い、家へと急いだ。
自宅の玄関を開けてリビングに入ると、私の目に飛び込んだのは綺麗なシルバータビーの毛並だった。

尻尾をピンと立てて、アメリカンショートヘアーの仔猫が飛び跳ねている。
テレビ周り、窓際、テーブルの下・・・。

いつから始まったか分からない嬉々とした跳躍は、止まる気配はない。
常に尻尾を立て続け、何かを見ては飛び跳ね、また場所を移動しては飛び跳ねる。

その動きから、心の高揚がひしひしと伝わってきた。
廊下から見つめる私の気配を感じたのか、その仔猫はこちらを向いた。
やんちゃ盛りの雄猫だ。

エメラルドグリーンの瞳が私の目と合った。
「可愛い!!」
私がクーに一目惚れした瞬間だった。

DSC06858_20100515124142.jpg

132_20100614214922.jpg



電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

この記事へのコメント

2019年07月19日 09:24
こんにちは。

一目惚れ、これが大事ですね。
くー
2019年07月19日 10:10
トトパパさんへ。
ありがとうございます。
自分でも驚きの一目惚れでした。
懐かしい瞬間です。)^o^(
2019年07月19日 10:48
おはようございますo(*^▽^*)o~♪
一目惚れ大事ですよね。
その子の一生を受け持たないといけないんだもの
私もそうでしたよ。
タビー柄いいですよね~~
たぶんあの胡がタビーもどきwじゃなかったら
私の猫好きはなかったかもです。
なんかくーちゃんにボンをダブらせて小さかった時のこと思い出しちゃいました。
続き楽しみです。
きらら
2019年07月19日 17:21
クーちゃんの誕生ですね!
ピョンピョンしている姿は目に浮かびます(^ν^)
3ヶ月でもなんか大人っぽいかんじですね〜。
次回も楽しみです(^∇^)
くー
2019年07月19日 18:54
みるくっちさんへ。
ありがとうございます。
みるくっちさんもポンちゃんに一目惚れでしたか。
娘も、そして私も一目惚れでした。
ご自身の体験に重ね合わせて、楽しんで頂けたら嬉しいです。)^o^(
くー
2019年07月19日 18:58
きららさんへ。
ありがとうございます。
クーの誕生です!
クー一族のドンは、エメラルドグリーンの瞳を持つやんちゃで聡明な子でした。
楽しんで頂けて嬉しいです。)^o^(