アメショーブログ 2506

(1/15)・・・おはようございます。
 今日は、ドン・クーの三回目の命日です。
 先日アルバムを整理していたところ、とても懐かしい写真を見つけました。

 クーとモモのツーショットです。
 今では偏屈な女帝ですが、こんな頃もあったのだと懐かしく眺めました。

 亡きクーとモモは、本当に仲良しでした。
 ご一緒に楽しんで頂けたら幸いです。

画像



                               クー・モモ




     


画像



                          クーが1歳半、モモが二カ月の頃






画像



                               おやつタイム(右下)






画像



                                カリカリ大好き(上)




  


画像



                               お水も大好き







画像



                                 ハナと







画像



                              特大段ボールで







画像



                             隣家の庭を眺める







画像



                                 ハルと







画像



                             ありがとうございました
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2013年01月15日 08:27
今日はクーちゃんのご命日なのですね。。
ご冥福をお祈りいたします。
在りし日の姿^^本当に可愛らしいですね。
私も未だに一昨年亡くなったルナのことを
思い出すたび悲しくて。。
モモちゃんととっても仲良しだったんですね~^^
モモちゃんの子猫の頃^^可愛いですね!
応援です☆
2013年01月15日 10:03
虹の橋の王国から クーちゃんは いつも一族を見守っているんでしょうね モモちゃんは クーちゃんの遺志をついで 一族を束ねていく志を持っているんですね
2013年01月15日 11:35
こんにちは
クーちゃんの命日なのですね
きっと天国から皆を見守っているでしょうね
女帝モモちゃんが確り後を継いでいるから
安心しているでしょう(*^^)v
くー
2013年01月15日 11:52
pekoさんへ。
ありがとうございます。
もう三年も経ってしまいました。
悲しみに覆われる日々が続きましたが・・・。
今は、懐かしくクーを思い出すようになりました。
一族のみんなの中に、少しずつクーが遺っていることを実感しています。
くー
2013年01月15日 11:55
丸みさんへ。
ありがとうございます。
クーの存在を、一族の中に感じることがあります。
偏屈の権化だったモモも随分と優しくなりました。(笑)
それぞれがクーと会話しているのかもしれませんね・・・。
くー
2013年01月15日 11:58
陸&クロさんへ。
こんにちは。
ありがとうございます。
女帝モモの変化をみると、クーが何かを託していったのではないかと思います。
今は小競り合いもなく、平和な一族です。
2013年01月15日 15:00
わぁ、モモちゃん、かわいい~
当たり前ですけど、女帝にもこんな時代があったのですね。
クーさんの愛に包まれてるって感じですね。
くーさん、クーさんの命日にいろんな思いを馳せていることでしょう。
2013年01月15日 19:55
今日はクーさんの命日だったのですね・・・。
モモちゃんはとっても可愛いですね^^
クーさんの優しさが伝わってきます。
今は虹の橋でみなさんを見守っていることでしょうね。
くー
2013年01月15日 23:03
ノアさんへ。
ありがとうございます。
女帝モモにも可愛い時がありました。(笑)
クーに甘えるモモの姿、私も懐かしく思い出しました。
ドン・クーの面影は、一族のそれぞれの中に遺っています。
くー
2013年01月15日 23:08
きらら(3にゃんず)さんへ。
ありがとうございます。
クーがいなくなってから、長いような短いような時間の経過を辿りました。
偏屈モモも、クーが大好きで、甘えていた時代があったことを思い出しました。(笑)
クーは一族のみんなに優しかったな~と懐かしく思います。
兼業主婦
2013年01月22日 21:18
一週間も経ってしまいましたが、クーパパさんの旅立ちの日だったのですね。
まだ幼かったモモちゃんを守るようにして団子になっている写真、モモちゃんとの仲良しぶりが分かる素敵な一枚ですね!と同時にこんなときからずっと一緒だった伴侶を喪った時のモモちゃんの悲しみを思うと切ないです。
一族みんにゃとそれぞれに思い出があって、クー一族の中に今もクーパパが生き続けているのだなぁと思いました。
くー
2013年01月22日 23:08
兼業主婦さんへ。
ありがとうございます。
クーとモモは本当に仲良しでした。
モモにとってクーは父親であり、兄であり、伴侶だったのです。
クーが他界してから、モモは一族と少しずつ交わるようになりました。
クーに何かを言い残されたのかもしれません。

ノアちゃんとあずきちゃんもこんな風に仲良しだったのでしょうね~。
あずきちゃんとモモは同じ気持ちでいるのでしょうね。

この記事へのトラックバック