アメショーブログ 1729

(12/16)・・・群れるモモ・ジロ・タロ、、続編。

<素敵なお知らせ>
タロとハルを、きららさんのニャーブル美術館に登場させて頂きました。
お間抜けタロが素晴らしい芸術に昇格です。
きららさんのブログ、「アメリカンショートボディー?なラッキーとその兄弟」 
きららさん、どうもありがとうございました。
 

オーエフティーねころん



画像



                               女帝・モモ







画像



                             突如「ゴロニャンポーズ」







画像



                               モモも嬉しそう
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

この記事へのコメント

2011年12月16日 10:44
偏屈モモちゃん、タロ君とジロ君のぬくもりを感じて嬉しくなっちゃったかな。
タロ君とジロ君、いっときの母親孝行かしら。
親が喜べば子も嬉しいはず。いい光景ですね(*^_^*)
2011年12月16日 14:17
こんにちは。
女帝モモちゃん、ご機嫌良いようですね(^^♪
平和、平和・・(*^_^*)
2011年12月16日 16:19
女帝モモ様も 下々のお楽しみを試したかったのかな?ゴロニャンの寝心地はいかがですか?
2011年12月16日 16:37
これは微笑ましい光景ですね
女帝というよりモモちゃんと言った方が良いですね!
モモちゃんは最近穏やかになってきましたね
2011年12月16日 23:15
ノアさんへ。
単独で過ごす年月が長かったモモ。
一族との交流で、忘れていた心身の温もりを思い出しているようです。
クー亡き今、親はモモだけです。
ジロ、タロは本当に孝行気分なのかもしれません。
2011年12月16日 23:16
陸&クロさんへ。
こんばんは。
ホントに平和です。(笑)
この平穏がいつまでも続くといいのですが・・・。
2011年12月16日 23:20
丸みさんへ。
一族の中に「ゴロニャンポーズ」が浸透していった中、モモは最後から4番目にポーズを始めました。
意外に早い段階で開眼です。(笑)
始めてみると、結構性に合っていたようです。
2011年12月16日 23:22
きらら(3にゃんず)さんへ。
ありがとうございます。
偏屈が少しだけなりを潜めた瞬間です。(笑)
モモの威嚇はたまにありますが、以前ほど怖い顔をしなくなりました。

この記事へのトラックバック