アメショーブログ 1542

(9/14)・・・おはようございます。

 ジロ・タロ・ハル・ハナの四兄妹はのほほんと我が家で過ごしてきました。
 チビタとコジロは、一時はよそに差し上げることになっていました。

 コジロとコジロの兄貴は、知人が直接見て品定めをし、コジロの兄貴がもらわれていきました。
 いわば、コジロは売れ残ったわけです。

 片やチビタは、ペットショップの店頭までいったことは以前に記載しました。
 私が強引に引き取って帰宅したことも・・・。

 生まれた時からのどかに我が家で暮らし続けたジロ・タロ・ハル・ハナたちとは、チビタは生い立ちが違います。
 ある意味、にゃん生の荒波を越えてきました。(たった半日ですが・・・)

 クー亡き今、浅知恵を発揮し、クー一族に旋風を巻き起こしているチビタ。
 成るべくして成った今のチビタかもしれません。

 しかし・・・。
 女帝・モモが健在な限り、クー一族のボスの道はほど遠いものでしょう。
 
 モモの次は多分ジロが一族の要となることも想像がつきます。
 その次は・・・。

 お間抜けタロは圏外です。
 多分策士・チビタの番となるのでしょうか・・・。

 しかし、ウミママの存在も侮れません。
 チビタは未だにウミには頭が上がらないからです。

 メタボチビタが存在感を発揮するのは、まだまだ先のことのようです。
 クー一族の権力争い、今後の動きが楽しみです。(笑)
 寝ぶくろベーグルベッド



画像



                                  ハル







画像



                     権力争いとは無縁のハルは「ゴロニャンポーズ」







画像



                             今日ものどかに・・・




    


画像



                               前足モミモミ
 

 

 
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

この記事へのコメント

2011年09月14日 09:49
虎視眈々と 次世代のボスの座を狙うチビタくん「僕はみんなと違って よそ様の飯を食べた経験が在るんだぞ」って みんなに自慢していたりして。どこの国でも家族でも ボスには誰がなっても 実は影で女性が牛耳っていることが多いんでしょうね。
2011年09月14日 11:16
こんにちは。
ハルちゃんのように、争いの渦の巻き込まれないで
天真爛漫に生きるのが一番いいですね。(^^♪
2011年09月14日 20:06
チビタ君の激動のにゃん生に比べると、タロ君たち4兄弟姉妹はのんびりと幸せなにゃん生を送ってきていますものね。それでいろいろと思案するようになったのかしら。ボスになったチビタ君も見てみたい気がしますが、モモちゃんの目の黒いうちは無理でしょうね(笑)
2011年09月14日 20:29
しっかりものがいたり、おまねけさんがいたりと毎日何かしらやらかしてくれますね。こんなに性格が違う?って思ってしまう事が多々ありますね!
今日のハルちゃんは、超美人さんだわ~!(いつもより増して(^^ゞ)
2011年09月14日 22:17
ボスになったチビタちゃんを見てみたいですね!
きっと、何事も率先して行動するでしょうね^^

ハルちゃんの前足モミモミはしっかりカメラ目線ですね♪
2011年09月14日 22:44
>丸みさんへ。
 ホントにチビタは自慢して威張っているのかもしれませんね。(笑)
 「こんな経験ボクだけだよ」って。
 策士としていろいろ浅知恵を働かせるのもそんな経験があるからかもしれません。
 チビタはモモとウミがいる限り真のボスにはなれないでしょう。
2011年09月14日 22:45
>陸&クロさんへ。
 こんばんは。
 本当にそうですね。 
 権力争いとは無縁の幸せハル。(笑)
 このムードが一族を和ませています。
2011年09月14日 22:48
>兼業主婦さんへ。
 確かに他のコにはない経験が浅知恵を生んだのかもしれません。(笑)
 「モモちゃんの目の黒いうち・・・」。
 ↑時代劇の跡目争いみたいでおもしろい!
 体格はボス級ですが、チビタはまだまだ。
2011年09月14日 22:50
>team sakuraさんへ。
 ありがとうございます。
 ハルにはもったいないお言葉です。
 たくさんいると性格の差が明確でおもしろいですね。
 team sakuraさん宅はさぞかし多種多彩なキャラクターでしょう。(笑)
2011年09月14日 22:53
>きらら(3にゃんず)さんへ。
 ボスになったチビタ・・・。
 体格と態度はボス級ですが、心が小さい!(笑)
 モモとウミがいる限り、正真正銘のボスにはなれないでしょう。
 ハルはいつでもあきれるほどカメラ目線です。

この記事へのトラックバック