アメショーブログ 1454

(8/1)・・・おはようございます。
 
 一目惚れして、生涯愛したクーです。
 死別した時の喪失感、悲しみもいたしかたないものでしょう。

 愛情を注いだ大切なものがいなくなった時、人間は大きな悲しみと絶望感を抱きます。
 救われない苦悩の中でもがきます。

 しかし、絶対立ち直れない絶望だと思っていても、年月の経過は人の心を少しずつ癒します。
 かけがえのないものを失った心の痛みは決して消えることはありません。

 しかし、軽減することはできます。
 そしてそれは年月だけではありません。

 愛情を注いだものとの素晴らしい想い出が心を満たし、癒してくれる・・・、先日記載しました。
 もうひとつ・・・。

 愛情を注ぐ対象の出現です。
 昨日も記載しましたが、人間は愛を与えたい生き物です。

 愛情を注ぐ対象が常に必要なのです。
 何故なら、愛は枯渇しないからです。

 何かに注いでも注いでも、湧き出てくるのが愛情です。
 湧き出る愛情を内部にため込むことはできません。

 だから、注ぐ相手が必要なのです。
 そして、常に注ぎ続けていることが、精神の安定をもたらし、幸せを感じるのではないかと考えます。

 クーとの素晴らしい想い出は、私の心を満たしてくれています。
 同時に、残りのクー一族へ愛を注ぐことで、悲しみに覆われた私の心は救われたのだと思っています。

 失うことを恐れずに、存分に愛を注ぐこと・・・。
 失って悲哀のどん底に落ちたとしても、いずれまた注ぐこと・・・。

 その繰り返しが人生ではないでしょうか。
 クールアルミジェルマット


画像



                                 チビタ







画像



                               お決まりポーズ







画像



                             コジロも定番スタイル
 
 
 

 
 
 
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 51

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2011年08月01日 11:16
こんにちは、
お~~~!
チビタちゃんのドアップ・・可愛い~~ね
お決まりのポーズいいですえ~(^^♪
2011年08月01日 11:41
>陸&クロさんへ。
 こんにちは。
 ありがとうございます。
 相も変わらずのチビタです。(笑)
 猫らしい寝姿はほとんど皆無です。
最近チビタちゃんハウスは空き家だったような・・・。
今日はすっかり爆睡ですね^^
安心しているお顔がとっても可愛いです

コジロくんの定番スタイルは、一番落ち着けるのでしょうね

チビタちゃん、コジロくんへ
「2004年トリオ」を記念して、
気球で世界旅行を計画してるんだけどどうな~  byラッキー
2011年08月02日 00:01
時とともに悲しみが薄らいでいく事、自分は薄情なのではないかと思うことがあります。
亡き者に対する愛情はそんなものだったのかと。
でも、それは違うのですね。
自分が自分でなくならぬように亡き者が支えていてくれるのだよと(*^_^*)
2011年08月02日 10:32
>きらら(3にゃんず)さんへ。
 空き家でした。
 放浪癖のついたチビタです。
 たまにこのベッドでドカンと寝て落ち着くのかもしれません。(笑)
 コジロは気付くとこのスタイルです。
 強い個性も闘争心もない、ひたすらおっとりコジロです。
 「2004年トリオ」結成、おめでとうございます!

 世界旅行、しかも気球に乗って・・・。
 家の中しかしらないボクらには想像もつかない大冒険です。
 楽しみにしているね~。 byチビタ
2011年08月02日 10:35
>ノアさんへ。
 「自分が自分でなくならぬように亡き者が支えてくれている」
 ↑素敵なフレーズですね。
 まさしくその通りだと思います。
 悲しみの中から抜け出せない生き方はするなよと、大きなチカラで支えてくれているのでしょう。
 
2011年08月02日 23:25
「失うことを恐れずに、存分に愛を注ぐこと・・・。
失って悲哀のどん底に落ちたとしても、いずれまた注ぐこと・・・。
その繰り返しが人生ではないでしょうか。」このフレ-ズにぐっときました
!(^^)!
2011年08月03日 00:42
>team sakuraさんへ。
 辛いことがあると、人間は臆病になりがちです。
 同じ痛みを受けたくないという自己防衛だと思います。
 恐れずに挑みましょう。
 その先には素晴らしい光景があるはずです。

この記事へのトラックバック