アメショーブログ 1450

(7/30)・・・おはようございます。

 お世話焼きだけれど甘ったれのウミ。
 クー亡き後は、甘ったれが少し影を潜めました。

 ウミが甘える絶対的存在だったクー。
 ウミにとっては父親です。

 全面的に甘えられる唯一の存在だったのでしょう。
 ウミもまた、しばらくの間はクーを探し続けていました。

 ようやく落ち着いたのがクーが他界してから数週間後のことです。
 その代わり、クーの定位置だった場所に、ひとりで寛ぐ光景が多くなりました。

 出窓、鏡台の上、北側の部屋の座布団・・・。
 気付くとウミが独り寝しています。

 クーの他に、甘える相手がいるとしたらジロでした。
 たまに寄り添う場面もあります。

 しかし、ジロ・タロ・ハル・ハナの四兄妹は、ウミが育てた側面もあります。
 つまり、継子です。

 そうそう全面的には甘えられない相手なのでしょう。
 甘ったれが影を潜めた分、お世話焼きが大きくなりました。

 「甘える」、「世話を焼く」・・・。
 どちらも愛情表現です。

 ウミは、過干渉なほどに世話を焼くことで、バランスを保っているような気がします。
 しかし、元来は甘ったれのウミです。

 独り寝している姿は、時折不憫ささえ感じます。
 クーと同様、モモはウミの親代わりでした。

 モモが昔のようにウミに優しくしてくれたらいいのに・・・。(笑)
 ペットプロ クールなジェルマット



画像



                           ウミ 定番の「半身乗せ」







画像



                      下に降りたら「ゴロニャンポーズウルトラC」







画像



                           上に上がってハナとだんご
 

 
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2011年07月30日 16:58
こんにちは。
ウミちゃんの寝かた本当に
軟体動物みたいですね・・・(笑)
2011年07月30日 20:35
クーくんはあまりにも大きな存在だったんですね。
天国から毎日見守ってくれてますね。
「今日いちばん上手くゴロニャンポ-ズできたのはだれかな~?」とか
「クーさん、夏バテしてないかな~」とか言ってるかもしれませんね(^_-)-☆
2011年07月30日 21:10
こんばんはウミちゃん半身乗せ可愛いポーズですね!
ゴロニャンポーズもすごいですね!
2011年07月30日 22:22
ウミちゃんはクーさんの面影を追っているかのようで、気の毒ですね・・・。
でも、お世話を焼くことで、ウミちゃんなりに悲しみを超えようとしているのでしょうか・・・。
2011年07月31日 00:49
>陸&クロさんへ。
 こんばんは。
 軟体動物です。(笑)
 ゴロニャンポーズウルトラCもウミだけの特技?です。
2011年07月31日 00:51
>team sakuraさんへ。
 旺盛な食欲も大きな存在のひとつでした。(笑)
 ごはんやおやつの度に、みんなは食べられないように必死でした。
 今でも食べ続けていることでしょう。
2011年07月31日 00:53
>ねこちゃんさんへ。
 こんばんは。
 ウミの夏場限定の定番スタイルです。
 何故足だけベッドの中なのか・・・。(笑)
 毎年不思議です。
2011年07月31日 00:54
>きらら(3にゃんず)さんへ。
 お世話焼きもウミの愛情表現です。
 クーに甘えていたのも愛情表現ですが、今はせっせとお世話を焼きまくりです。(笑)
 ホント、過保護ママです。
2011年07月31日 14:12
そうかぁ~
猫にとってはどこまで血のつながりが大事かはわからないけれど、子供のチビタちゃん以外にはクーちゃんだけだったんですね。
絶対的存在だったと同時に、唯一気持ちをゆったり出せる相手だったのでしょうね。
2011年08月03日 01:00
>ノアさんへ。
 ウミはクーが大好きでした。
 クーとモモは、幼いウミにとっては両親代わりだったのです。
 しかしモモのコ離れに寄り、ウミも悲しい思いをしたことでしょう。(苦笑)
 そんな中、クーだけが変わらぬ存在だったのです。
 ウミにとっては絶対的存在のクーでした。

この記事へのトラックバック