アメショーブログ 1357

(6/8)・・・おはようございます。

 クーとモモとウミの生活が一年程経過した時、モモが妊娠しました。
 日増しに大きくなるモモのお腹。

 臨月付近には、横に大きく広がり、歩くのもままならないほどでした。
 どれだけの子猫が潜んでいることやら・・・。

 ケージの周りを段ボールで囲い、モモが安心していらいれる状況を作りました。
 それから数日後、ケージの中にこもることが多くなったモモ。

 いよいよ出産です。
 段ボールの隙間から覗き込んだ時、ちょうど一匹目の子猫が転がり出た瞬間でした。
 
 次々に転がり出てくる子猫たち。
 四匹がベッドの中でうごめいています。

 ジロ・タロ・ハル・ハナの誕生です。
 無事出産を終えたモモは、子猫たちを順番にきれいに舐めていました。

 だれに助けられるでもなく、暗いケージの中でひとりで子猫たちを生んでいくモモの姿には感動でした。
 動物の母性の凄さを改めて感じたものです。

 命の誕生は、希望と歓びの象徴だと実感した瞬間でした。
 ペットプロ クールなジェルマット




画像



                      ジロ・ウミ 甘ったれウミが嬉し楽しのだんご







画像



                              甘ったれタロ出現







画像



                               時すでに遅し



  



画像



                            ベッドにスペース無し







画像



                                 残念







画像



                               とても残念







画像



                            どうにも立ち去り難い







画像



                           知らずに熟睡のジロとウミ







画像



                             タロは佇み続ける







画像



                         ハルはトアに「顔面押し付け寝」
 
 
 

 
 
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 55

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2011年06月08日 10:19
猫さんは多産で安産とは言うけど 誰の助けもなく本能だけで 黙々と出産して 子育てをする猫さんって すごいなぁって思います。モモちゃんが産んだ4人 みんな立派に育ちましたね。
2011年06月08日 10:26
子どもの頃、実家でネコを飼っていたので何度も出産に立ち会っていました。
おなかをさすってあげたり、布団が汚れないようバスタオルを敷いたり、子どもでしたがあの光景は忘れることはありません。
必ず一匹弱い子がいて、おっぱいを誘導したりしていたなぁ~。
猫、飼いたいな。
2011年06月08日 11:09
>丸みさんへ。
 本当に母猫は凄いものですね。
 動物の母性には神秘と偉大さを感じます。
 そんな母親から逞しさを受け継いで、動物たちは強く生きていくのでしょうね。
2011年06月08日 11:11
>ゆなママさんへ。
 子供時代の貴重な体験だったのですね。
 母猫は凄いものです。
 母は強しとはよく言いますが、その逞しさを受け継いで子供も強く生きていくのだと思います。
 何年一緒に暮らしていても猫は神秘的です。
2011年06月08日 11:35
こんにちは。
陸君の誕生コメントありがとうございました。
モモちゃん出産頑張たんだね、
猫ちゃんの母性本能素晴らしさ感動ですね。
タロくん残念悔しそう・・(-_-;)
2011年06月08日 13:04
モモちゃん、立派に一人で出産したのですね。偉い! うちのあずきは陣痛が来たときにとても不安がってノアに背中をなめてもらっていましたよ。
4匹とも無事に生まれてきて、今のように大きく立派に育ったのですね。生命の力強さを感じます。

ウミちゃんとジロくんの幸せそうな猫団子にショックを受けるタロくんの対比、思わず笑ってしまいました。タロ君頑張って!
2011年06月08日 17:52
仰るとおり、動物は誰に教わることもなく、出産して子育てをするのだから、本当に母は偉大ですね。
モモちゃんも立派なママさんですよね~^^

ジロちゃん・ウミちゃん団子で、タロちゃんがいない?、
と思ったらちょっと出遅れてしまいましたか! 笑
タロちゃんは立ち去りがたく、何度も何度もベッドを見てますね。
本当に寂しそう・・・。
タロちゃんのこの後が気になります。

ハルちゃんは「顔面押し付け寝」。気持良く寝てますね♪
ラッキーもよくやりますよ!
安心するかんじですかね。
2011年06月08日 20:08
こんばんは
ニャンコの出産に立ち会ったことないです。本能ってすごいですね誰に教えてもらったわけではないのにちゃんと生まれるんですものね!
2011年06月08日 21:41
>陸&クロさんへ。
 こちらこそありがとうございます。
 モモの出産は夜中でした。
 何か予感がして、寝ずの見張りをしていた時の出産です。
 猫の出産に立ち合う・・・、貴重な体験をさせてもらいました。
2011年06月09日 00:02
こんばんは。

猫の出産には立ち会ったことがないどころか、人の赤ちゃんの出産にも立ち会ったことがないので、いつかそういう貴重な体験をしてみたいと思いました。
モモちゃんきっとすごいがんばったんでしょうね。感動しました。

タロの「残念」の画像が本当に残念という表情に見えて面白かったです^^
次はベッドに入れるといいですね^^
2011年06月09日 01:00
>兼業主婦さんへ。
 あずきちゃんはノアくんが大好きだったのですよね。
 さぞかし安心して出産したことでしょう。
 想像しても、とても微笑ましい光景です。
 母性とは、凄いものだと改めて思います。
 子供たちに継承される逞しい生命力は、母の強さの象徴ですね。
 出産だけではなく、動物から学ぶことは多々あります。
2011年06月09日 01:01
>きらら(3にゃんず)さんへ。
 モモは徹底的なコ離れの末に偏屈ママと化しましたが、出産時を思い出すと今でも凄いと思っています。
 野生で生きているわけではないから、無理してコ離れはしなくていいよと何度もモモには話して聞かせました。
 やはり動物の本能は凄いですね。(笑)
 最近、やっとモモも本能を捨て、みんなと仲良くやっています。
 タロは最後まで立ち去れずに私を見ていました。
 入れて欲しいという合図です。
 しかたなく私がベッドの中に入れてやりました。(笑)
 ラッキーくんは、ハルとお仲間ですか。
 是非拝見したいです。(笑)
2011年06月09日 01:01
>ねこちゃんさんへ。
 こんばんは。
 私も貴重な体験をさせてもらいました。
 誰の助けも借りずに、黙々と出産する母猫にはただ脱帽です。
 母性は凄いですね。
2011年06月09日 01:06
>りーだーさんへ。
 こんばんは。
 私も貴重な体験をさせてもらいました。
 母猫は凄いです。
 猫に限らず、母性の逞しさが、そこから生まれる命に大きな強さをもたらすのだと思います。
 甘ったれタロは、出遅れてだんごになれないといつもこんな感じです。(笑)
 
2011年06月09日 06:39
モモちゃんの出産、感動的だったのでしょうね。
そして、甘えん坊のタロちゃんはじめみんな元気に育ったね♪
タロちゃん、何となくうらめしそう。
2011年06月09日 07:57
おはようございます。
出産の瞬間は、実に感動的ですよね。
私もミーちゃんの出産に立ち会った時に、とても感動しました。
まさに、母は強し・・・と思いましたね。
2011年06月09日 10:42
>H&Nさんへ。
 タロはジロとのだんごが生き甲斐です。
 出遅れてるといつもこんな感じ。
 まさしく恨めしや~です。(笑)
2011年06月09日 10:44
>つぶたんさんへ。
 おはようございます。
 本当に母は強し、ですね。
 母性の逞しさは、生命力の強さにつながります。
 ミーちゃんの逞しさは、間違いなくつぶたんの中にも生きていますね。
2011年06月10日 00:15
お母さんはスゴイってほんと痛感しました。
自分の命かけて産んでるように感じましたね!
2011年06月10日 11:01
>team sakuraさんへ。
 全くその通りですね。
 だれの助けも借りずにひとりで黙々と子猫を産む姿には、ただ圧倒されるばかりです。

この記事へのトラックバック