アメショーブログ 1381

(6/24)・・・おはようございます。

 さて、チビタをペットショップに置いて店を出た私と友人。
 お茶を飲むために適当な店に入りました。

 入った喫茶店は半地下の店でした。
 暗い店内は私にとってはありがたいことでした。

 着席しても、涙が止まらないのです。
 最後に見たチビタの目が脳裏から離れませんでした。

 同伴した友人は長年の親友であり、いつも私が叱咤激励したり、時には偉そうに説教もする相手です。
 その彼女が驚き戸惑う程の私の大泣きです。
 
 人生最大の醜態です。
 普段から人目は気にしない私ですが、それにしてもあまりの醜態。

 留まるところを知らない泣きっぶりに、最後は彼女が笑い出した程です。
 こうして記事にしていても、よくあれだけ泣いたものだと我ながら苦笑です。

 気を紛らわそうとして彼女が話題を提供するのですが、二、三のやり取りをしてはすぐに思考はチビタです。
 私は昔から泣いたことのない人間です。

 そんな人間程、つぼにはまったら涙が止まらないのだとその時わかりました。
 もっていたタオルも絞れるほどです。

 もっともそれから数年後、亡きクーが他界した時はこの涙の比ではなかったので、涙の量に限度はないのだと思います。

 電車に乗って帰途につき、友人と別れた私は一人で別の雑用に向かいました。
 用事をしていても、頭の中はチビタのことばかり・・・。

 私は思わず携帯を手にして、ペットショップに電話をかけました。
 何の用事があるわけでもないのです。

 ただ、チビタの様子が知りたいというだけで・・・。
 オーエフティーねころん


画像



                                  ハナ







画像



                               廊下でひとり







画像



                                ジロもひとり







画像



                                タロもひとり







画像



                              暑くてみんなひとり
 

 

 

 
 
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

この記事へのコメント

2011年06月24日 11:34
我が家でも 猫さんたちがあちこちで伸びています。朝から暑いですよね。

チビタ君のお話 佳境ですね。だいたい どうなっちゃうのかは 想像つくけど。今は大きな体で 未確認巨大物体と化したチビタくんなのに 巨大な体の中に 切ない過去もちょっぴり詰まっているんですね。
2011年06月24日 11:54
>丸みさんへ。
 現在チビタが我が家にいるということは・・・。
 私のその後の行動は想像に難くないですね。(笑)
 アクシデント、醜態がありながらのドタバタ劇でした。
 猫と暮らすって笑いと涙の連続ですね。
2011年06月24日 13:49
こんにちは。
ペットショップに連れていかれたチビタちゃん
一晩なにを考えていたのしょうね?
もう我が家に帰れないこと、楽しい思いでなどかな?
2011年06月24日 16:34
さてさて、その続きは・・・・・
タロちゃんの突撃ポーズ極めてきたかなぁ。よしよし!
2011年06月24日 20:15
こんばんは。
私もその気持ちよく分かります。
何をしていても、猫のことが気にかかり涙が止まらないのですよね。
涙って、泣けば泣くほどあふれてくるような気がします・・・
チビタ君の存在は、とても大きなものだったのですよね・・・
2011年06月24日 22:21
ここ2・3日暑いですよね。
我が家でも伸びてます~ 笑

さすがにタロちゃんもひとりなんですね。

チビタちゃんのこのお話、目が離せませんね。
2011年06月25日 00:38
>陸&クロさんへ。
 こんばんは。
 何を考えていたでしょう。
 動物の本能、勘は凄いものですね。
 チビタ騒動は今でも語り草です。(笑)
2011年06月25日 00:40
>MIDDLE-MAXさんへ。
 タロは気まぐれで凝り性で飽きっぽいです。(笑)
 最近、少しばかり突撃ポーズに陰りがありました。
 復活は近い?
2011年06月25日 00:43
>つぶたんさんへ。
 こんばんは。
 ひとえに「不憫」でした。
 みんなは家にいるのに何故チビタだけ?
 最後はその思いだけで動いていました。
 今は笑いの種となっているチビタ騒動です。(笑)
2011年06月25日 00:45
>きらら(3にゃんず)さんへ。
 暑い日が続きます。
 猫ちゃんたち、みんな元気で過ごして下さいね。
 チビタ騒動は今となっては話題にのぼると笑いの種です。(笑)

この記事へのトラックバック