アメショーブログ 1364

(6/15)・・・おはようございます。

 さて、ジロ・タロ・ハル・ハナが完全に離乳して半年ほど経過した頃、徐々にモモのコ離れが始まりました。
 野生の世界でのしきたりを、モモは家の中で敢行しようとしたのです。

 だんだんとコドモたちを寄せ付けなくなりました。
 その頃には子猫たちも相当大きくなり、てんでに活動するようになっていました。

 モモの徹底的なコ離れは、子猫たちが生まれてから約十ヶ月が経過した頃に完了しました。
 北側の部屋だけがモモの生活圏となり、一切リビングには寄り付かなくなったのです。

 コドモたちが北側の部屋に現れると、途端に威嚇が始まります。
 不思議なことに、ウミに対してもモモは威嚇を始めました。

 モモに近付けるのは唯一亡きクーだけとなりました。
 しかたなく、リビングのドアを閉めての隔離生活がこの時から始まりました。

 クーだけは、リビングと、北側の部屋とを自由に行き来する日々。
 モモと隔離されたコドモたちは、それから何年もウミに可愛がられて育つことになるのです。
 ひんやりアイスベッド HCB-ブルー
 


画像



                                 チビタ








画像



                             専用特大ベッドで








画像



                           珍しく手のお行儀は良い








画像



                                 モモ








画像



                            「ゴロニャンポーズ」








画像



                     チビタの特大ベッドにウミが寝るとこんな感じ




                   ハルの一瞬動画


 
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

この記事へのコメント

丸み
2011年06月15日 10:45
ウチでも 去年の春生まれた子達の母猫さんは秋ごろ子離れして 子供達をかまわなくなりました。ノラ生活の知恵かと思っていたけど 室内飼いの世界でもおこることなんですね。
今は モモちゃん みんなと同じスペースにいますよね。いつから同じスペースに戻ってきたんですか?
2011年06月15日 11:00
>丸みさんへ。
 実は何年間も完全別居生活でした。
 同じ空間に戻ってきたのはここ数年のことです。
 これからの記事に記載するつもりですが、長い年月がかかりました。(笑)
MIDDLE - MAX
2011年06月15日 15:38
驚く話です。
完全に仲間、いや家族と関わらないとは!
2011年06月15日 17:19
とても興味深く読ませていただきました。
モモちゃんは、今はリビングでくつろいでいますよね。
でも、長いこと北の部屋にいたのですね・・・。
また、お話の続きをお願いします^^

ハルちゃん今日も絶好調ですね♪
2011年06月15日 19:14
こんばんは。
動物の世界子供を一人前にさせるのに厳しさがみえますね
その点人間の世界は甘い~~(^^♪
チビタちゃん大きいのですね、ウミちゃんが寝るとベットが
巨大に見えます・・(笑)
2011年06月15日 23:20
これからのお話しはぜひ参考にさせて下さい。
2011年06月15日 23:45
>MIDDLE-MAXさんへ。
 徹底的なコ離れは遂行されました。
 モモの強さです。(笑)
 家猫での強行実現に当時は驚きました。
2011年06月15日 23:48
>きらら(3にゃんず)さんへ。
 長い年月、猫社会にもいろいろありました。(笑)
 クー一族と暮らして、猫という生き物の奥深さと、そして動物の世界の厳しさを教えられました。
 今でも驚きや感動の日々です。
 ハルはいつでも絶好調です。(笑)
2011年06月15日 23:50
>陸&クロさんへ。
 こんばんは。
 本当に動物の世界は厳しいですね。
 教えられることが多々あります。
 チビタは巨体生物です。(笑)
 ウミの3倍? 4倍??
2011年06月16日 00:10
>team sakuraさんへ。
 一族の歴史です。
 猫社会にもいろいろあります。
 家族が固い結束を結ぶまで、まだまだいろんな事があり、そして時間もかかりました。
 今になれば全て楽しい想い出です。(笑)
2011年06月16日 12:10
モモちゃんのゴロニャンポーズ、珍しいですね。
クー一族の歴史、毎日興味深く拝読しています。ジロ君が先頭でタロ君がしんがり、今も変わらない関係に思わず笑みがこぼれました。
モモちゃん、もしかしたらもう一度子供が欲しかったのかもしれませんね。動物の世界では子離れしていないと次の子作りができないそうです。それだけクーさんを愛していたのかも
2011年06月16日 23:27
>兼業主婦さんへ。
 ありがとうございます。
 猫とは実に不思議かつ奥の深い動物ですね。
 特にメス猫の神秘性には、いつまでたっても驚かされます。
 モモはクーが大好きでした。
 ウミもハルもハナもジロも。
 クーのお葬式の朝のモモの光景が、一族の長たるクーへのひたすらな恋慕だったのでしょう。
 

この記事へのトラックバック