アメショーブログ 1362

(6/13)・・・おはようございます。

 少しずつウェットフードを食べるようになったジロ・タロ・ハル・ハナ。
 しかし、まだ完璧な離乳ではありませんでした。

 ウェットを食べてはモモのおっぱいへと群がる子猫たち。
 活動も随分と活発になり始めました。

 ケージから出している間は、部屋の中央に段ボールを囲い、その中で遊ばせるようにしました。
 高さ80㎝程度の囲いです。

 しかしそこは猫。
 爪を立てて段ボールをよじ登るようになりました。

 囲いの外が気になって仕方がない様子。
 よじ登って外に飛び出すことは、やはりジロが一番にできるようになりました。

 続いてハナ、そして一番小柄のハルも後に続いてよじ登ります。
 よじ登っては、ステンと外に転がり落ちる光景には笑ってしまいました。

 さて、お間抜けタロは最後までよじ登りに苦戦していました。
 段ボールの途中まで登っては、力尽きて落下すること数回。

 ようやく上まで登り切り、みんなが待つ外界へ転がり落ちました。
 段ボールのへりにまたがり、舌を出しながら決死の覚悟で外に転げ落ちたタロの姿は、今でもよく覚えています。

 コロコロ遊び回る子猫たちにとって、ウミは実に優しいお姉さんでした。
 モモがおっぱいをあげている時は遠巻きに眺め、モモから離れて子猫たちが探検を始めると、すかさずウミが寄ってきて面倒を見ていました。

 モモに優しくされて育ったウミ。
 モモの子供たちにも十分愛情を注いでくれました。
 マリンベッド



画像



                                タロ・チビタ







画像


  
                               珍しい・・・







画像



                               組み合わせ







画像



                          尻突き合わせて一応だんご







画像



                                 コジロ







画像



                         「両腕伸ばし」はやっぱり苦手らしい







画像



                                  ハル







画像



                             日課の前足モミモミ








画像



                               キーボード占拠
 
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

この記事へのコメント

2011年06月13日 11:10
こんにちは。
ウミちゃん、愛情いっぱい、優しく育てられると
大きくなっても皆に優しく接するのですね
いいですね・微笑ましいい光景ですね・・\(^o^)/
2011年06月13日 11:26
子猫ちゃんたちが 新しい世界に今日もをもって どんどん行動半径を広げていく時って 見ていてとっても心が和みますよね。タロ君はちっちゃいときから おっとりしていたんですね。
2011年06月13日 16:30
元気一杯の仔猫達を優しく見守るモモママとウミ姉さん、その姿を想像しただけで微笑ましく思えます。
ウミちゃんはモモちゃんへの恩を忘れていなかったのですね。
こうしてクー一族の成り立ちを知っていくとそれぞれの性格が飲み込めてきてより親近感が湧きます(*^^)v
2011年06月13日 23:02
4兄妹の活発な様子が目に浮かびますね~^^
タロちゃんは愛嬌のある子ですよね♪
ウミちゃんは、本当に面倒見のいいお姉さんですね。
良い世代間伝達ですね。

チビタちゃんはあまり団子にはなりませんよね。
甘えん坊のタロちゃんが、くっつきたかったのでしょうかね・・・。
これからも、多く見られるといいですよね~^^

昨日のエルの記事で、
「大胆と細やかさが共存している」とありましたが、その通りです^^
猫砂を少し違うのを足したら、イヤで、トイレの外におしっこをしてしまいました^^;
体が大きいわりには、神経質なんです 笑
2011年06月13日 23:15
>陸&クロさんへ。
 こんばんは。
 ありがとうございます。
 ウミは愛情深いコです。
 素質もあるでしょうが、子猫時代の環境の賜物だと思っています。
 クーとモモのおかげですね。
2011年06月13日 23:17
>丸みさんへ。
 今まさに丸み宅では同じ光景なのでしょうね。
 素晴らしい時です。
 十分に満喫して下さい。
2011年06月13日 23:21
>ノアさんへ。
 ありがとうございます。
 子猫時代は瞬く間に過ぎてしまいます。
 かけがえのない時間ですね。
 猫の世界でも恩義も忠誠があるのだと、クー一族を眺めていて実感しています。
 親近感を持って頂けてとても嬉しいです。
 
 
2011年06月13日 23:28
>きらら(3にゃんず)さんへ。
 タロは昔からお間抜けです。
 そしてチビタははにかみっコです。
 なかなかだんごにはなりません。
 愛情表現が苦手なところはハナと似ています。(笑)
 ウミやタロという、甘ったれにゃんこが強引にくっついて、戸惑いながらも嬉しいチビタです。
 ボス・エルくんは実に奥深いですね。
 何層にも奥行きがある性格は、感情のある生き物ならでは。
 人間だけではないですね。(笑)
 猫の奥深さを改めて痛感し、また感嘆しています。
2011年06月14日 00:02
ウミちゃんは、たくさんモモちゃんから愛情を頂いたのですね。
ウミちゃんの母性愛がジ~ンときちゃいます。いい子だねウミちゃん!
2011年06月14日 00:08
>team sakuraさんへ。
 どうもありがとうございます。
 ウミの優しさは天性のもの、+クーとモモのおかげです。
 正の連鎖は猫社会にも存在するのだと、クー一族を眺めていて痛感しています。

この記事へのトラックバック