アメショーブログ 1159

(2/14)・・・モモとチビタが一年前まで天敵のように仲が悪かったことは以前に記載しました。
 最近でこそ、つかず離れずの関係にまで回復しましたが、決して仲良しではありません。

 それがチビタが肛門膿炎を患い、カラーをつけて生活し始めて数日間、モモがとても優しいのです。
 病院から帰宅したチビタを、ハナやウミは遠巻きに眺めていました。

 しかし、モモはカラーに覆われたチビタの顔を舐めてやったのです。
 まるで「おかえり」とでも言っているようでした。

 偏屈モモが優しい・・・!
 たとえ喧嘩相手でも病気の場合には情けをかける、といったところでしょうか。

 以来、モモとチビタは一緒に寝ています。
 まるで恋人のような睦まじさ・・・、とはいきませんが以前にはあり得なかった親しさです。
 
 皆さまも素敵なバレンタインデーの夜をお過ごし下さい。
 キャティーマン 猫くるりんバッグ 黒猫タイプ



画像



                                モモ・チビタ








画像



                           それなりに仲良しの距離








画像



                       偏屈モモはこんな顔していて機嫌はいい








画像



                 もしかしてチビタのカラーがとれたらまた小競り合い開始??








画像



                              記念にたくさん撮影
電子書籍出版中です。こちらへどうぞ

この記事へのコメント

2011年02月15日 19:53
不思議ですね。
本当に雪解けしたのか?怪我ネコへの武士の情けか?
今後の展開に注目してます。
2011年02月15日 21:43
>>MIDDLE-MAXさんへ。
 いつもきっかけはチビタの挑発です。
 今は病気療養中なのでチビタはおとなしいです。
 それさえなければモモは穏やか。
2011年02月16日 00:39
いいお話です!!
また、勇気づけられました。
実は、わが家もももちゃんとなっちゃんはあまり相性が良くありません。
なっちゃんが、手術して帰ってきてから急に相性が悪くなってしまったんです。
もともとももちゃんは、気難しいとこがある子なので他の子はそれをわかってるので、しつこくはしません。この記事を読んで希望がもてました!!
2011年02月16日 10:59
>>team sakuraさんへ。
 猫社会での関係は微妙に変化します。
 恒久的なものではないので、気長に見守っていきたいと思います。
 共に暮らしていると、だんだん最適の距離感ができあがるものですよ。(笑)
2011年02月18日 18:02
こんばんは。
チビタ君、まだ治っていないのですね・・・
早く治って元気になりますようにお祈りいたします。

モモちゃん、喧嘩相手のチビタ君が元気ないので
励ましているのですね。
ちょっと、泣けてきました。
そばにいて、励ましてやってね。モモちゃん・・・
2011年02月18日 22:59
>>つぶたんさんへ。
 こんばんは。
 ありがとうございます。
 来週半ば頃には完治かなと勝手に期待しています。(笑)
 モモは偏屈ですが、愛らしいコです。
 病気になったチビタをだれよりも気にしているようです。
 でも治ったらまた小競り合い再開かな。(笑)
 

この記事へのトラックバック